deborah4twickenham.com > 税理士関連 > 業務内容

税理士業務の内容について

●税金のエキスパート

 

税理士のお仕事は、名前の通り、税金にかかわる内容のお仕事の他に、企業の会計に関するお仕事を受けることが出来ます。
このうち税理士にしか行うことができない業務(独占業務)は、「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つです。

 

その他には、税理士業務に付随する業務として、財務書類の作成や会計帳簿の記帳代行、財務に関する様々な事務などがあります。

 

 

●租税に関する裁判でも納税者を支援する

 

租税に関する訴訟の際に、納税者を支援すべく訴訟代理人として裁判に出頭・陳述ができるのも税理士に許された権利です。
このように、税理士は税金のエキスパートとして、納税者をサポートしてくれるお仕事です。

 

 

●税理士になるための2年間

 

税理士の資格をとっても、すぐに税理士として自分の看板を出せるわけではありません。
税理士として本格的に活動するためには、2年の実務経験が必要なのです。

 

実務経験では、パートやアルバイトという雇用形態でもOKなので、とにかく2年間会計業務にたずさわることが必須とされています。

 

 

●独立開業で2000万円の年収!

 

独立開業でがんばっている税理士の人の中には、2000万円の年収を稼ぐ人がいます。
もちろんそんなに稼げない税理士もいて、年収には開きがあるのですが、やり方次第では、大きな可能性のあるお仕事だと言えます。

 

計画的に試験対策をとり、コツコツと合格に向けて勉強に励みましょう。

PR

最近人気のプリザーブドフラワー。難しい作業はありません。まずは、実際にお花に触れながらゆっくりとお楽しみください。
大阪のプリザーブドフラワー教室「マリアージュ」

関連記事

 

ページの先頭へ