deborah4twickenham.com > 税理士関連 > 税理士になるには

税理士になるためには

税理士になるためには、難関な税理士国家資格試験に合格して、2年以上の実務経験を積まなくてはいけません。

 

税理士試験では、5科目(3つの必須科と2つの選択科目)に合格すれば晴れて資格取得となるのですが、実際に税理士として活躍するためには、実務経験を積まなくてはいけません。

 

そう考えるとハードルはかなり高いのですが、それだけにこの資格を取ると、色々なメリットがあると私は思っています。

 

 

★税理士家業は年収1000万円も夢ではない!?

 

税理士実務経験を2年以上積み、顧客にある程度顔が聞き出したら、今度は独立開業を目指す方もいると思います。
独立して自分の事務所を持てば、年収1000万円を稼ぐことも夢ではない職業だと言われているんですね。

 

なぜならば、税理士の業務はスペシャリストだからです。
誰もが出来ない業務を代行して行うのが仕事なのですから、顧客の存在が絶えることがないというわけなんですね。

 

しかし、営業努力は必要だと思います。
お客さんに顔が利かないと、事務所を続けていくのは難しいでしょう。

 

まずは雇われている時に、自身の顔を広げることが大事ですね。

 

 

★税金に強くなる!

 

もし税理士として活躍しなくても、税務知識は必ずどんな仕事にも役に立ちます!(まあ、資格をせっかく取ったのに税理士にならないのももったいないですが・・・・。)

 

税金はビジネスにおける最大の高い壁であり、効果的な節税知識を身につければ、怖い物無しなんですよ。
税理士は、取っておいて損はない資格だと言えるんです。

お役立ちリンク

プラスチックの再生なら
廃プラスチックの買い取りや再生販売のご相談は日本全国対応の三木樹脂工業へ!樹脂のリサイクルのコンサルティング提案もしております。

関連記事

 

ページの先頭へ